妊娠中期になると、なぜか、暑くて眠れないという悩みをもつ妊婦さんが増えてきます。お腹が大きくなってきて、疲れやすくなるからでしょうか。また、妊娠中の体温の上昇から、眠れなくなるのでしょうか。昔の方は、妊娠中期の浅い眠りは、出産後の夜の授乳のための練習に、お腹の中の赤ちゃんがプレゼントしてくれるものだと神秘的な話をする人も少なくありません。が、眠れないのは辛いものです。ぐっすり眠るために、今、すべきことを3つ紹介します。

 

暑くて眠れない原因を探す

 

妊娠中期の暑くて眠れない原因は、大きく分けて2つあります。
小見出し<ホルモンバランスの変化によるもの>
まず、1つめは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が大きく関係しています。実は、このエストロゲンには不眠作用があり、その作用によって眠りたいのに眠れないという症状が発生してしまうとのことです。
ちなみに、わたし達女性の身体にはエストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンがあります。これらのホルモンは、妊娠できるように身体を整える、妊娠した状態を維持する、無事に出産できるの3つの目的を果たすように、バランスをとりながら分泌されています。ですが、そのバランスが乱れてしまうと、様々な症状が発生します。その一つが、不眠です。
小見出し<妊娠による身体の変化によるもの>
もう1つは、妊娠による身体の変化によるものです。お腹が大きくなってくると、寝る姿勢を考えなくてはいけません。うつぶせ、あおむけが難しくなることから、慣れない横向きで眠る妊婦さんも少なくありません。寝心地が悪くなるせいか、度々目を覚ましてしまう。これが、浅い眠りの原因です。
また、お腹が大きくなると、膀胱を圧迫することから、頻尿になりやすくなります。夜中、何度もトイレに起きてしまい、寝るきっかけを失ってしまう妊婦さんも少なくありません。

 

就寝前の生活習慣を変えてぐっすり安眠!

 

妊娠中期に経験する暑くて眠れない悩みを解決するには、就寝前の生活習慣がカギになります。対策は2つ。
小見出し<少しぬるめの温度のお風呂にゆったりと入ること>
少しぬるめのお湯を入れたお風呂に、ゆったりと身体を伸ばしてみましょう。大きくなったお腹は重くて疲れやすく、それだけでストレスが溜まるもの。その疲れがストレスを引き起こし、浅い眠りになることもしばしば。そんな時は、ぬるめのお風呂にゆったりと入ることをおすすめします。
身体がリラックスされストレスが解消されると、その安心感からか、ぐっすりと眠れるようになります。質の良い睡眠は、ホルモンバランスを安定させてくれる効果があります。ベッドに入るタイミングは、お風呂上がりではなく、体温が少し冷めてきたころがベストです。
小見出し<ホットミルク・ホットココアを飲む>
寝つきの悪い日は、ホットミルク、もしくはホットココアを飲んでみましょう。ミルクに含まれるアミノ酸の一種であるトリプトファンは、睡眠を促進する効果をもちます。ココアにしか含まれていないテオブロミンには、自律神経を整えリラックスさせてくれる効果があります。また、ココアには、ポリフェノールをはじめ、鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム等の栄養も豊富。妊娠中期の妊婦さんには、おすすめの飲み物と言っても過言ではありません。ただし、飲み過ぎには要注意。ココアはカロリーが高いので、1日に何杯も飲むことはおすすめできません。

 

産婦人科医も推奨!シムス体位がおすすめ

 

暑くて眠れない夜は、シムス体位で寝てみましょう。シムス体位とは、アメリカの婦人科医 J・マリオン・シムズが発見しました。お腹が大きくなる妊娠中期以降の妊婦さんに向けた、楽な姿勢で寝られるおすすめの寝方になります。
シムス体位の仕方は、こちらの動画を見てください。分かりやすく説明されています。
https://www.youtube.com/watch?v=YS45so1F-v0
この寝方には、血流改善・腰痛軽減・リラックスの3つ効果があります。この寝方で寝ますと膀胱が圧迫されにくいため、何度もトイレに起きることもないかもしれません。ぜひ、試してみてください。